突然の葬式でもしっかりと対応してくれる川崎の葬儀専門業者

サイトマップ

祭壇

川崎のお葬式と葬儀社の選び方

仏壇

少子高齢化が進む現代では葬儀の仕方も変わってきています。
御通夜、告別式、火葬、初七日、四十九日に納棺と一定の形式にのっとって進めるのが、これまでの常識でした。
しかし現代では高齢化が進んだ結果、会葬者が少なくなってきており、今までの常識が通用しなくなってきています。
特に川崎などの都会では、その傾向が顕著で、お葬式の概念が大きく変わってきています。
直葬、1日葬、家族葬などの簡易なお葬式が、増えてきているのです。
直葬と言うのは御通夜、告別式をせず火葬のみを行うシンプルな方法で式をしませんので会葬者は無く、身内の方だけで見送りをする方法です。
1日葬というのは火葬の前に簡単な、お別れ式をしてから火葬に付す方法で、これも身内の人だけで行います。
家族葬というのは会葬者を呼ばず身内だけで御通夜、告別式を行い火葬に付す方法で、シンプルすぎるのはちょっと、という方に向いています。
また川崎市には市民葬儀制度という物があり、これを利用する手もあります。
以前は、お葬式は100万以上かかるのが常識でした。ですが会葬者が沢山いれば、お香典で費用を賄えたのです。
しかし現代では高齢の方がお亡くなりになると親戚、お知り合いの方も高齢で外出がままならない事が多く負担が大きくなります。
川崎市には、こういった事情を踏まえ対応してくれる葬儀社が沢山あります。
もしもの時に備え、事前に検討されておく事をお勧め致します。

ピックアップ

一覧へ

お知らせ

»一覧へ

Copyright © 2020 突然の葬式でもしっかりと対応してくれる川崎の葬儀専門業者 All Rights Reserved.